Categories 未分類

自己破産による解決

自己破産とは、裁判所に免責を認めてもらうことで、今後の借金の支払いを完全にゼロにする債務整理法です。一般世間においては、自己破産に関して様々な見方がなされます。中には後ろめたく感じる方も居るものですが、そんなに卑屈になる必要はありません。現段階での金銭的な負担をなくし、人生の再出発をするためのきっかけになるのですから、胸を張って大丈夫です。しかもこの債務整理法は、法律で認められているので、その点も安心と言えます。

もし借金を支払う義務が無いとすれば、一体どんなメリットが考えられるでしょうか。例えばですが、収入が入ってそれを借金の支払いに充てる必要は、一切なくなります。つまり、自身が望むように収入源を使うことができるので、人生をより楽しむことができます。他には、金融機関から支払いの督促が来なくなります。精神的に追い詰められることがなくなるので、心に余裕を持てるのです。

支払い不能であると裁判所が認め、尚且つ7年以内に免責の経験がなければ、自己破産を申し立てることができます。また、仮に7年以内の免責があるとしても、自己破産をした方が本人のためであると判断された場合は例外です。あくまでも、今後の金銭的な状況がどうなるかという観点から最終的な判断がなされるのが、自己破産の特徴なのです。

Categories 未分類

民事再生による解決

民事再生は、住宅を売却することはなく、かなりの金額の借金を減らす債務整理法です。任意整理同様、基本的には3年以内に完済することが前提ですが、金銭的な負担を大幅に減らせます。返済するべき借金が完全に消えることにはならないのですが、生活上必要な財産が守られるのは、民事再生の有り難い点です。

では、民事再生をすると、職業制限を受けるのでしょうか。実はそんなことはありません。任意整理同様、就くことのできない職業は特に無いのです。その反面、民事再生をした旨について、信用情報機関に登録されます。この結果、少額であっても新たにローンを組むのは難しいです。下手にローンを申し込んで、返済不能な状態に陥ってしまうのを避けるためにも、借金を増やさない方が賢明と言えます。

もし民事再生を利用して借金の整理をする場合、必要な条件があります。まず、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であること。次に、今後借金の返済が不能になる可能性が大いにあること。そして継続的な収入を確保できることです。これら3つの条件を満たし、法律事務所の担当者と相談した結果、民事再生が利用できるかどうか決まります。この債務整理を希望するなら、まずは弁護士に相談してみるのがおすすめです。

参考リンク〔アディーレ法律事務所|民事再生相談〕

Categories 未分類

任意整理による解決

任意整理とは、債務者が支払うべき金額を計算して、和解した上で返済をする債務整理法のことを言います。この方法では、利息制限法と呼ばれている法律に基づいた上で再計算がなされるのですが、上限金利はどんなに高くても年率15パーセントから20パーセントでの設定になります。金利があまりにも高いと、今後の支払いにも大きく影響するので、支払いを続ける側にとっては負担が少なくなるように和解がなされます。

もし任意整理によって借金を解決したいのであれば、3年以内で完済が可能か否かを見極めるのがおすすめです。そのためには、毎月安定的に収入を確保できることが求められます。収入が全くなければ、完済に繋がっていきません。

債務整理をすると、就けない職業があるのではと言われていますが、任意整理については、特に支障はありません。就職活動も働くことも、通常通り可能ですし、何か後ろめたさを感じなくても大丈夫です。任意整理の事実について第三者に知られることもないですし、これを理由にして解雇することは、法律で禁止されています。今後クレジットカードや消費者金融から借入するのは難しくなりますが、負担を大きく減らすことができる点は任意整理のメリットです。

Categories 未分類

借金の解決方法

金融機関から融資を受け、約定通りに返済をできるならば、それに越したことはありません。しかし、収入源を上手く確保するのが難しくなり、借金の返済に大きな支障が出ることも、状況によってはあり得ます。そんな時は、法律事務所に債務整理を依頼するのがおすすめです。金銭に関する問題は、自分一人で解決するよりは、専門家の力を借りる方がスピーディです。状況に合ったアドバイスを下さるだけでなく、今後の人生においてどのように金銭管理をすれば良いのか、ヒントが見えてきます。

金銭的に困ったら、自身の状況を鑑み、最も適した債務整理法を選ぶのが賢明です。借り入れ金額がそこまで多くなく、債務減額後に残債の支払いが可能なのであれば、任意整理が最も適しています。もし借入金額が多く、財産を手放したくないのであれば、民事再生を利用すると良いでしょう。そして今後の返済が全くもって不可能で、任意整理や民事再生では解決の糸口が見つからない場合は、自己破産という手があります。財産を手放すことにはなりますが、返済が不要なのが自己破産の特徴です。どの債務整理法でも、一長一短があり、借金がどれだけ残っているかによって決まるのは、良くあります。

こちらのサイトでは、債務整理の種類について紹介。金銭的な辛さから脱出し、精神的にも楽になるためには、是非とも活用したいものです。あなたの借金問題を解決し、新たな気持ちで人生の再出発ができることを願っています。