Categories 未分類

民事再生による解決

民事再生は、住宅を売却することはなく、かなりの金額の借金を減らす債務整理法です。任意整理同様、基本的には3年以内に完済することが前提ですが、金銭的な負担を大幅に減らせます。返済するべき借金が完全に消えることにはならないのですが、生活上必要な財産が守られるのは、民事再生の有り難い点です。

では、民事再生をすると、職業制限を受けるのでしょうか。実はそんなことはありません。任意整理同様、就くことのできない職業は特に無いのです。その反面、民事再生をした旨について、信用情報機関に登録されます。この結果、少額であっても新たにローンを組むのは難しいです。下手にローンを申し込んで、返済不能な状態に陥ってしまうのを避けるためにも、借金を増やさない方が賢明と言えます。

もし民事再生を利用して借金の整理をする場合、必要な条件があります。まず、住宅ローン以外の借金の総額が5000万円以下であること。次に、今後借金の返済が不能になる可能性が大いにあること。そして継続的な収入を確保できることです。これら3つの条件を満たし、法律事務所の担当者と相談した結果、民事再生が利用できるかどうか決まります。この債務整理を希望するなら、まずは弁護士に相談してみるのがおすすめです。

参考リンク〔アディーレ法律事務所|民事再生相談〕