Categories 未分類

任意整理による解決

任意整理とは、債務者が支払うべき金額を計算して、和解した上で返済をする債務整理法のことを言います。この方法では、利息制限法と呼ばれている法律に基づいた上で再計算がなされるのですが、上限金利はどんなに高くても年率15パーセントから20パーセントでの設定になります。金利があまりにも高いと、今後の支払いにも大きく影響するので、支払いを続ける側にとっては負担が少なくなるように和解がなされます。

もし任意整理によって借金を解決したいのであれば、3年以内で完済が可能か否かを見極めるのがおすすめです。そのためには、毎月安定的に収入を確保できることが求められます。収入が全くなければ、完済に繋がっていきません。

債務整理をすると、就けない職業があるのではと言われていますが、任意整理については、特に支障はありません。就職活動も働くことも、通常通り可能ですし、何か後ろめたさを感じなくても大丈夫です。任意整理の事実について第三者に知られることもないですし、これを理由にして解雇することは、法律で禁止されています。今後クレジットカードや消費者金融から借入するのは難しくなりますが、負担を大きく減らすことができる点は任意整理のメリットです。